【2022年最新版】リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング

【スキー場リゾートバイトをすぐ辞めた話】滑れないので5日で帰りました

リゾートバイトをすぐ辞めた話

この記事では、私がスキー場リゾートバイトをすぐ辞めた時の体験談を紹介します。

この記事を書いている人

イルカマン リゾートバイト 実績

実は私、スキー場リゾートバイトを5日間で辞めたことがあります。

すぐに辞めた理由は『スノーボードができなかった』からです。

正直、勤務先が悪かったわけではく、完全に、私の確認不足が原因です。

イルカマン

求人選びに失敗しました。

そこで、この記事では、私が『スキー場リゾートバイトをすぐに辞めた理由』『正しい求人選びの方法』について解説します。

この記事の内容

この記事を読めば、私のような失敗を防ぐことができます。

実体験を元に紹介しますので『リゾートバイトへ行こうか考えている人』はぜひ、参考にしてみてください!

イルカマン

私のように失敗しないためにも、正しく求人を選びましょう。

タップできる目次

【スキー場リゾートバイトをすぐ辞めた話】滑れないので5日で帰りました

リゾートバイトを途中で辞めて帰る男
バックパックを背負って走る男

新潟県のスキー場での仕事詳細は以下になります。

勤務先新潟県のスキー場
勤務期間2月中旬〜2月中旬
職種ゲレンデレストラン
勤務時間8時〜17時
時給950円
月給1万円〜2万円くらい
相部屋(3人)
寮費無料
食費2食無料
アルバイトスタッフ数100人くらい

私は2月中旬から3月末までの期間でスキー場リゾートバイトへ行きました。

ただ、5日間(移動込み)で辞めてしまいました。

仕事内容

私はゲレンデレストランとして勤務していました。

具体的な仕事内容としては、

・食材の簡単な盛り付け
・販売

です。

ゲレンデレストランの仕事内容に関して詳しくは以下の記事で紹介しています。

>> スキー場レストラン(ゲレンデレストラン)の仕事内容を体験談から紹介

稼げた金額

稼げた金額は『1万5千円〜2万円』程度です。

私は3日間しか働いていないので、全く稼いでいませんね。

また、私は途中で辞めているので、交通費は実費でした。

イルカマン

交通費で稼いだ金額はなくなりましたね。

1日のスケジュール

仕事がある日の1日のスケジュールは以下のようなイメージです。

7時〜8時仕事場まで移動
8時〜11時仕事
11時〜12時休憩
12時〜17時仕事
17時〜フリー

スキー場が営業している時間、仕事する感じでした。

生活環境

私が働いていたスキー場は徒歩圏内に、

・スーパー
・コンビニ
・飲食店

があったので、生活環境は良かったです。

寮事情

寮は相部屋(3人部屋)無料でした。

部屋の中には『テレビ』『キッチン』『冷蔵庫』『ベッド』があり、共同フロアに『洗濯機』『風呂』がありました。

食事事情

食事は2食無料でした。

昼食 → まかない
夕食 → 食堂

食事は2食とも美味しかったですね。

人間関係

私が働いた勤務地はスタッフが100人以上いたと思います。

同じ職場のスタッフは10人〜15人いましたね。

男女半々くらいの比率で、20代〜30代前半のスタッフがいました。

男女問わずみんな仲が良かったですが、私の場合、5日間で辞めたので、誰かと仲良くなることはありませんでしたね。

5日間で辞めた理由

リゾートバイトを辞めた理由
仕事を辞めて家に帰る男

私がスキー場リゾートバイトを5日間で辞めた理由は、

・スノーボードができなかったから
・相部屋でタバコ臭かったから

です。

ただ2つの理由の中でも、最も大きな理由は『スノーボードができなかったから』ですね。

イルカマン

ここから、この2点について詳しく紹介します。

スノーボードができなかったから

私が5日間というスピードでスキー場リゾートバイトを辞めた理由は『スノーボードができなかったから』です。

というのも、私は『毎日スノーボードがしたい』という理由でスキー場リゾートバイトに応募しました。

しかし、実際に勤務先へ到着すると、

・リフト券を借りるのに人数制限がある
・土日は滑るの禁止(お客様が多い日は禁止)
・ナイター営業がない

という理由から『週に1回スノーボードできるかどうか』という環境だったんですね。

この事実を知った時、私は『週に1回しか滑れるかどうかって、スキー場でリゾートバイトする意味ないじゃん』と思い、初日から辞める決意を固めていました。

イルカマン

スノーボード目的できていたので、毎日滑りたい。

相部屋でタバコ臭かったから

私が勤務したスキー場リゾートバイトの寮は相部屋でした。

寮内は禁煙だったのですが、部屋の中でタバコを吸っている人は意外と多かったです。

イルカマン

実際、私の部屋も3人部屋だったのですが、私以外全員吸っていました。

ただ、私はタバコ吸いませんし、喘息持ちということもあってタバコは苦手です。

イルカマン

タバコを吸うと具合が悪くなります。

相部屋の二人にそのことを伝えたところ、窓を開けて吸うようにしてくれましたが、それでも部屋で吸うことを辞めてはくれませんでした。

この部屋の状況も『辞めよう』と思った理由の一つです。

辞めた時の流れ【辞め方】

リゾートバイトの辞め方
自転車に乗る男

辞める決意を固めた私は3日目に派遣会社の担当者へ連絡し『全く滑れないので辞めたいです』と伝えました。

イルカマン

もしもし。イルカマンですけど、ここの勤務先は全くスノーボードができないので、辞めたいです。

派遣会社の担当者

え!?そんな急に。。休みの日滑れないの?

イルカマン

いや、私、毎日滑りたいんです。

派遣会社の担当者

・・・もう辞めることは決心しているんですね。では、こちらから辞めることを伝えておきますので、イルカマンさんもマネージャーに辞めること伝えてください。

イルカマン

かしこまりました。

派遣会社の担当者

あと、契約満了していないので、交通費は出ないからね。

イルカマン

了解です。

電話のやりとりはこんな感じです。

そして翌日、私はマネージャーのところへ行き、辞めることを伝えました。

イルカマン

お疲れ様です。少しお時間よろしいでしょうか?

マネージャー

いいよ。

イルカマン

派遣会社から連絡があったと思いますが、辞めたいと考えています。

マネージャー

うん。聞いたよ。仕方ないね。

イルカマン

申し訳ないですが、よろしくお願いします。

マネージャー

はいよ。

4日目にして辞めることを伝えましたので、マネージャーも特に引き止めようとはしませんでした。

4日目に辞めることが決まり、5日目はちょうど休みだったこともあって、寮の荷物をまとめて帰宅しましたね。

イルカマン

あっという間の5日間でした。

なぜ求人選びに失敗してしまったのか?

リゾートバイトの求人選びを失敗
落ち込む男

5日間という速さでリゾートバイトを辞めたわけですが、なぜ求人選びを失敗してしまったのか。。。

それは私の『確認の甘さ』にあったと痛感しています。

というのも、当時の私は『スキー場で働く=毎日スノーボードができる』と勘違いしていたんですね。

イルカマン

実際、私は12月〜1月末まで北海道のスキー場でリゾートバイトしていたのですが、毎日スノーボードを楽しんでいました。

『スキー場で働く=毎日スノーボードができる』と勘違いしていたため、求人を探す際も、しっかり確認することなく、応募していたんですね。

イルカマン

もしもし。次の勤務地もスキー場で、リフト券が無料で支給されるところをお願いします。

派遣会社の担当者

承知しました。では、新潟県の〇〇スキー場はどうでしょう?

イルカマン

じゃあそこでお願いします。

派遣会社の担当者

承知しました。

こんな感じで、あっさり決めていました。

結果、いざ働いてみたら、

・リフト券を借りるのに人数制限がある
・土日は滑るの禁止(お客様が多い日は禁止)
・ナイター営業がない

という状況だったわけです。

ただ、私が希望した『リフト券無料』という条件は満たしているので、派遣会社の担当者に落ち度はありません。

つまり、私の確認不足が招いたことなんですよね。。

本来であれば、

・リフト券無料
・毎日スノーボードができる

という点を派遣会社の担当者に伝えて、求人を紹介してもらうべきでした。

イルカマン

細かく希望条件を伝えるべきでした。

また、私はタバコが苦手です。

今回、部屋の中は禁煙でしたが、吸っている人がいるのも事実だったので、次回からは、『個室寮で働く必要があるな』と感じました。

この点も勉強になりましたね。

イルカマン

タバコが嫌いな人は個室が無難です。

以上のことから、5日間で辞めた原因は私の『確認不足』にあります。

正しい求人の選び方を解説

バックパックを背負って旅する男
バックパックを背負って旅する男

では、『失敗しない求人の選び方』はどうしたらいいのか?

その答えは『派遣会社の担当者に自分の希望条件を詳細に伝える』です。

実際、私はザックリ希望条件を伝えたことで、自分の希望とは全く違う勤務地へ行ってしまいました。

イルカマン

結果、5日間で辞めています。

なので、私のような失敗を防ぐためには、派遣会社の担当者に細かく希望条件を伝えることが大切です。

例えば、私の場合であれば、

・リフト券無料支給(人数制限なし)
・毎日スノーボードができるか確認
・ナイター営業の有無
・勤務時間の確認

といった点を細かくチェックする必要がありました。

上記のポイントをチェックしつつ、実際に勤務するスキー場の営業時間を確認して『毎日スノーボードができる環境』か見極める必要がありましたね。

以上のことから、私のような失敗を防ぐためにも、『派遣会社の担当者に細かく希望条件を伝える』というのはとても重要なポイントです!

『これからリゾートバイトへ行こうと考えている人』は、妥協せずに求人を選びましょう!

イルカマン

テキトーに選んで私のようにならないでね。

途中で辞めた時のデメリット

線路の横を歩く男
線路の横を歩く男

私は5日間で辞めてしまったわけですが、以下のデメリットがありました。

・交通費が支給されない
・派遣会社からの印象が悪くなる

リゾートバイトは基本、期間満了すると交通費が支給されます。

なので、途中で辞めてしまった私は、交通費が支給されませんでした。

イルカマン

5日間で辞めたので、稼いだ額より交通費の方が高かったかも・・・

さらに、自己都合で辞めたため、派遣会社からの印象も悪くなったと思いますね。

おそらく派遣会社からは『イルカマンは途中で辞めちゃうやつ』という印象がついたことでしょう。

イルカマン

次から良い求人は紹介されにくくなったかも。

実際に、自己都合で辞めてみて感じたデメリットは、以上の2点ですね。

もしも私のようにリゾートバイトを自己都合で辞める場合は、上記2点のデメリットを踏まえた上で辞めましょう!

イルカマン

リスクを理解した上で辞めるか検討してね。

まとめ:リゾートバイトは求人選びが超重要です。

私は以下を理由に5日間でスキー場リゾートバイトを辞めました。

・スノーボードができない
・部屋がタバコ臭い

そして、5日間という速さで辞めた原因としては以下の2点ですね。

・派遣会社の担当者に細かく希望条件を伝えていなかった
・派遣会社から紹介された求人を細かく確認していなかった

この記事をここまで読んでくれたあなたは、5日間でリゾートバイトを辞めないよう、しっかりと求人選びに時間を割いてください。

イルカマン

私は5日間で辞めたので、交通費が実費になりました。全く意味のない5日間でしたね。

また、リゾートバイトのおすすめ派遣会社に関しては以下の記事で詳しく紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次